オージス総研の クラウドプラットフォームサービス大阪ガスグループ

search

お知らせnews

IoTかんたんパックがセルラー、LPWAに対応、IoTデバイスとセットで提供開始

プレス

IoTのユースケースに合わせたプラットフォームの選択が可能に~

株式会社オージス総研(本社:大阪市西区、代表取締役社長:西岡 信也、以下オージス総研)は、IoTを簡単に「試せる」・「使える」環境をパッケージングした「IoTかんたんパック」の機能拡張版の提供を開始しました。従来の「IoTかんたんパック」は、これからIoTの利用を検討されている方々を対象に、クラウド上のコンピューティングシステムを提供してきました。今回、機能拡張版では、「モノ」とインターネットをつなぐため、用途用法に応じた20種類以上のデバイス・センサーとネットワークの稼働確認をおこないトータルでパッケージングしました。これにより様々なビジネスやアイデアの各種検証や小規模運用がより簡単・スピーディ・低コストで実現可能です。

 

センサー・デバイス/ネットワークまでカバーした「IoTかんたんパック」

機能拡張版ではIoTを構成する最前線である「モノ」とインターネットとの接続方式により大きく3つのモデルをご用意しました。それぞれのモデルと利用できる「センサー・デバイス」を組合せることで幅広いニーズや用途に対応できます。※詳細についてはこちらをご覧下さい。https://ps.ogis-ri.jp/cloudplatform/iot/kantanpack

 

①セルラー連携モデル ~IoTかんたんパック for SORACOM*2(セルラー版)~

SORACOM社の3G/LTEに対応したデータ通信SIMにより3G/LTEネットワークを経由して「IoTかんたんパック」に接続されます。3G/LET回線を利用するため、高速・大容量でエリアカバー率も高く、幅広い用途に活用可能で、電力やガス使用量の計測や制御装置からの情報の収集などに適用できます。
様々な「モノ」に対応できるため、お客様のビジネス要件に応じてセンサー・デバイスを選択することが可能です。
メーカー様にご協力いただき各種センサー・デバイスとIoTかんたんパックとの接続検証を実施し、すぐにご利用いただける検証済みデバイスとして情報公開いたしました。

 

②LoRaWAN*3連携モデル ~IoTかんたんパック for SORACOMLoRaWAN版)~

SORACOM社が提供するLoRaWANのネットワークを経由して「IoTかんたんパック」に接続されます。
広範囲に散らばったセンサー情報を1箇所に集約してクラウドに接続できるので、工場や農場の温度・湿度・気圧・照度などの環境情報の収集・分析などに適用できます。お客様のビジネス要件に応じてSORACOM社のLoRaWANに対応したLoRaデバイスを選択することが可能です。

 

③Sigfoxネットワーク連携モデル ~IoTかんたんパック for Sigfox*4ネットワーク~

 ネットワークに接続させたい「モノ」にSigfoxデバイスを組み込むことでSigfoxの基地局とプラットフォームを経由して「IoTかんたんパック」に接続されます。
低価格、低消費電力で遠距離通信を実現する方式で機器単体でネットワークにつながり、機器の状況把握、リモート監視などに適用できます。

IoTかんたんパック」の特長

オージス総研の「IoTかんたんパック」は、これからIoTの利用を検討されている方々を対象に、IoTを簡単に「試せる」、「使える」IoTサーバ環境と運用メニューを組み合わせたスターターパッケージです。

 1.IoTをはじめるためのプロトタイプ環境を提供
  IoTをはじめる際に必要なデータの収集・分析のためのサーバ基盤をパックでご提供。

 2.小規模な本番運用も可能
  運用を含んだパック料金なのでそのまま小規模な本番運用をスタートすることが可能。

 3.お客様の様々な要件に応える豊富なIoTノウハウ
  25年以上前から大阪ガスのIoTシステムに取り組んできたノウハウをご提供。

※詳細についてはこちらをご覧下さい。https://ps.ogis-ri.jp/cloudplatform/iot/kantanpack

 

*1LPWA(Low Power Wide Area:省電力長距離通信)とは、従来のインターネット通信とは異なり、通信速度は低速なものの、低消費電力で広域通信できる無線通信技術です。データサイズは小さいながら、高頻度に通信するIoT環境において活用が期待されています。

*2 SORACOM Air for セルラーとは、IoT 向けのデータ通信 SIM Air SIM」 を提供する株式会社ソラコムのサービスです。Web のユーザーコンソールや API を利用して各種設定の変更や、通信量を監視するなど IoT デバイスを一元管理することができます。

*3LoRaWAN™(Long Range Wide Area Network:長距離広域ネットワーク)とは、IoTネットワークに適したグローバルな無線通信規格の1つで、ゲートウェイを1台設置すれば、半径数km〜数十kmの範囲でネットワークを自由に構築することができ、山奥などでも利用可能な点が他の規格と異なります。10年以上のバッテリー持続、多量のデバイス接続、1個あたり数百円程度の安価な通信モジュールなどの特長があります。

*4Sigfoxとは、IoTネットワークに適したグローバルな無線通信規格の1つで、非常に低価格かつ、低消費電力、長距離通信を特長としています。既に欧米を中心に45か国で展開され、2018年中に60か国に増加する予定です。国内では、京セラコミュニケーションシステム株式会社(KCCS)が唯一のSigfoxオペレータとしてインフラ構築およびネットワークサービスの提供を行っています。